日本財託の評判を徹底的に調べてから依頼しよう

お金
  1. ホーム
  2. 投資用不動産

投資用不動産

紙幣

人気があるエリア

近頃は節税対策や将来の年金対策でマンションなどの不動産を購入し、賃貸経営をする不動産投資に人気があります。不動産投資をする際にまず初めに行うのは投資用不動産の購入ですが、賃貸経営に向いているエリアとそうでないエリアがあり、特に人気があるエリアは、やはり東京都の港区や中央区、千代田区の都心3区と呼ばれるエリアです。これらのエリアの不動産が賃貸経営に向いており、人気がある理由としては、物件の築年数が経過しても家賃相場が下がりにくいからです。東京23区内でも都心部ではないエリアの不動産は、築年数の経過につれて大幅に家賃相場が下がってしまい収支が悪くなってしまう為、都心3区の物件と比較すると人気が劣る傾向があります。

再度賃貸が付くまでの流れ

家賃相場が下がりにくい物件の特徴としては、都心3区のように立地が良い点や都心部への交通アクセスが良く最寄駅から近い点などがあります。このような条件の物件の家賃相場が下がりにくい理由としては、入居者の退去で空室になった際に、賃貸募集をかけるとすぐに新しい入居者が決まる場合が多いからです。反対に立地が良くない物件や最寄駅から距離が離れている物件は、賃貸募集を出しても次の入居者が決まり辛く、空室期間を短くする為にオーナーが募集賃料を下げていきます。また、同じ物件で複数件が賃貸募集されている場合、一部屋が募集賃料を下げると他の部屋のオーナーも募集賃料を下げざるを得ない為、徐々に家賃相場が下がってしまいます。